計画研究

A02-1
微生物相互作用が解き明かすポストコッホ微生物機能

研究の概要

微生物ゲノム内には機能予測が困難な遺伝子が今なお多く存在する。この原因の一つは、ほぼ全ての生物は自然環境下で集団として生息しており、周囲の生物との相互作用がある場合にのみ発現する遺伝子が存在することにある。また、複合生物系内では、遺伝情報の交換が頻繁に生じることで細胞機能も変化する。こうした複合生物系内でのみはたらく遺伝子の機能を同定することは、微生物ダークマターの実体の理解と制御に必須だが、従来の技術では実施が困難であった。本計画班では、領域内で共同開発するポストコッホ技術を駆使して、機能性微生物集団内で、個々のメンバーが担う複合系内ならではの新規機能を発見し、関連する遺伝子の機能を同定する。

研究チーム

研究代表者

野尻 秀昭 (東京大学)

研究分担者

新谷 政己 (静岡大学)

研究協力者

水口 千穂 (東京大学)